フィリピン人の食に迫る!これって本当?

こんにちは。リモンズの藤原です。

 

実際フィリピンに住んでみて、日本との違いに驚くことは多くあります。

毎日、通勤、通学時間になると道路は大渋滞、突然のスコールに傘を持っていなくてビショビショに…などなど、いろいろ失敗しながら学んでいる毎日なのですが、その中でも特に面白いなと思った文化の違いは、フィリピンの食事に対してです。

 

今回は私が驚いた食文化を紹介したいと思います。

 

1日5食??

実はフィリピンでは、1日に5食または、6食食べる習慣があります。朝ごはん、10時の間食、昼ごはん、15時のおやつ、夜ご飯、人によっては寝る前にもう1食という人もいます。

フィリピン人のこの文化は「ミリエンダ」と呼ばれ、スペインの「メリエンダ」という習慣から来ていて、ご飯とご飯の間に、間食を挟みます。

人によって食べるものは違いますが、ピザやサンドウィッチなどをがっつり食べる人や、タホ(豆腐に黒蜜やタピオカがかかっているもの)やトゥロン(バナナの春巻き)など、軽食で済ませる人もいます。

 

ご飯大好き

フィリピンでは日本同様ご飯が主食なのですが、おかずを食べるときは必ずと行っていいほど、ご飯が付いてきます。

どれだけご飯が好きかというと…

フィリピンはお米消費ランキングが世界7位、これは1日におにぎり(45g)を7個食べるのと匹敵する量です。それに対し、日本は50位、1日のお米消費量はおにぎり2.5個分です。(Tripadviser調べ)

 

実際にフィリピン人の食事を見てみましょう。

例えば、Jollibee。フィリピン人のソールフードとも呼ばれるファーストフード店です。このJollibeeがあるので、フィリピンは世界で唯一McDonaldsがNo.1ファーストフード店となれない国なのです。

Jollibeeの定番メニュー、Chicken Joy(フライドチキン)。そんなチキンと一緒に来るのはやっぱりライス。もちろんハンバーガーもあるのですが、ライスとチキンを食べている人の方が断然多いです。

 

この紙に包まれているのがご飯で、フライドチキンとご飯を一緒に食べます。

 

 

 

また、フィリピンで人気なMang INASAL(マン・イナサル)。イナサルとは、タレを付けた肉を炭火で焼く、BBQのことで、Mang INASAL「手軽に食べられるフィリピン料理」としても人気があります。

 

このINASALで有名なのが、この大きなBBQ チキンとUnli-rice。

Unli-riceとはご飯のお代わりし放題という制度で、よく食べる成人フィリピン男性は、1杯目はご飯に辛いソースをかけてご飯だけ、2杯目からチキンと一緒に食べ、4、5杯ご飯をお代わりします。女の人でも2杯は食べているので、いかにフィリピン人がご飯が大好きかわかりますね。

 

ご飯がなくなったときは、この大きなケースに入ったご飯を持って店内を回っている人に向かって手を挙げると、すぐに駆けつけてきてくれて、1カップ分のライスをついでくれます。

 

 

何で食べるの?

他の東南アジアの国同様、フィリピンには手でご飯を食べる文化があります。

私もローカルなレストランに行った際に、ビニール手袋を渡されて体験しましたが、日本米とは違うパサパサしているご飯をうまくつかめず、そしてご飯やチキンが熱くて苦戦しました。フィリピン人の友人は、ご飯を潰しながら掴んでいて、手の皮が厚いのか熱々のご飯やチキンでも普通に掴んで食べていました。

 

しかしながら、この手で食べる文化より一般的なのがスプーンとフォークです。

 

お肉を食べるときでもスプーンとフォークを使って器用に食べているフィリピン人。チキンをフォークで押さえながら、スプーンでほぐし、小さくしたチキンをご飯と一緒にスプーンですくって食べるというのがフィリピン流です。

 

ファーストフード店でも、プラスチック製のスプーンとフォークが置いてあります。

 

自分で片付けない!?

私が一番びっくりしたフィリピンでの文化は、ファーストフード店やカフェなどで、自分で使ったトレイをそこに置いていくということです。

日本では、マクドナルドやスターバックスに行くと自分が食べたものや飲んだものを、設置してあるゴミ箱に持って行って片付けるのが普通なのですが、フィリピンでは店員さんが全て片付けてくれるので、ご飯を食べ終わったらそのまま帰ります。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。日本とはちょっと違うフィリピンの食事文化、楽しんでいただけましたか。

フィリピンの文化を実際に体験するには、お手頃な値段でフィリピンの味を楽しめ、周りにたくさんのフィリピン人がいるファーストフード店などがオススメです。以下のビデオは、実際に私たちがファーストフード店に行って食レポに挑戦したものです。

気になるお店があったらぜひ足を運んでみてくださいね!

 

 

タグ: , ,,,,,,,,,,,

フィリピン永住権取得費用 かんたん27秒料金シュミレーション リタイアメントビザ取得費用を今すぐチェック!
ビザ取得のためのセミナー情報

1ヶ月以上のフィリピン滞在も安心
滞在サポート付き3つのプラン

  • バリュープラン
  • スタンダードプラン
  • ハイクラスプラン

各種ご相談・資料請求

フィリピン最新動向

ビザ取得の全て

フィリピン永住について

「頼んでよかった!」
満足度99.86%の実績

取得者喜びの声

感じる!
リタイアメントビザの全て動画

フィリピン移住チャンネル

私達が責任をもって
お手伝い致します

どうぞお気軽にご相談ください。永住ビザ取得・更新相談無料 03-4477-2488 メールでのご相談はこちら。

メールで問い合わせる

リモンズ株式会社の取得サービス
5つの安心ポイント

  • 追加の費用は一切なし
  • 圧倒的なサポート実績
  • 日本での手続きも全て代行
  • 退職庁・観光省公認サポート企業が支援
  • 不動産を同時購入でビザ取得無料! 5万円プレゼント
    ※ドルのレートで変動します

マニラ本社

unit 2015 soho,ETON Tower Makati 128 Dela Rosa st., Makati City 1229

リモンズ株式会社オフィス

フィリピン退職庁認定

リモンズ株式会社(旧PILIP JAM)はフィリピンの公的機関から認可を受けた、数少ないビザ取得サポート企業です。(2018年初旬よりPILIP JAMからLimonz Days Incに社名変更致しました。つきまして公認証の社名も2018年中旬の更新月に、Limonz Days Incと正式に変更となります)