日本人に合いやすいフィリピン文化

フィリピンに移住しやすいワケ

海外への移住を考える際に考えなくてはいけない点は沢山ありますが、「食生活」や「住環境」は非常に大きなポイントとなります。
例えばいくら自然が多い、緑が多い、海がキレイ、などのポイントが気に入ったとしても、食生活が合わない、住環境が合わないようであれば観光では良いとしても、移住となると少し問題があると言えます。 
フィリピンにおける「食生活」や「住環境」は、私たち日本人にとってどうなのでしょうか?

フィリピン人の食生活

日本人の口に合うフィリピン料理

フィリピン人の食生活の中心は「お米」になります。パンや麺類はおかずとみなす人も多いほどその中心にお米があります。
そして肉や魚を中心とした料理が多く、反対に野菜を使った料理などは少ない傾向にあります。またフルーツやスイーツなどの間食も多い傾向にありますので、栄養バランスは決して良いとは言えないようです。とは言え、お米を中心とした食生活は日本人でもなじみやすいので、フィリピンでの食生活はわりと苦にならない人が多いようです。
また日本での馴染みのファーストフードやレストランなども多くありますので、地元の料理だけでなく、そういった食事を摂る事も可能です。もちろん栄養のバランスなどにも気を付ける必要はありますが、欧米諸国の食文化に比べると日本人にとっては抵抗の無い食文化を持つ国だと言えると思います。


アドボ
豚、または鶏を甘辛く煮た料理であり、日本料理の豚の角煮のような、肉もとろけるほど柔らかくなっています。
甘辛い味が何度も食べたくなるような味で、フィリピンを代表する料理の一つです。
レチョン
豚一頭または鶏を一羽丸焼きにした料理です。
時間をかけてじっくり焼かれるため、肉はとても柔らかく、日本人にも人気の料理です。
誕生日等祝い事の際に振舞われることが多く、高価な料理として知られています。
シシグ
玉葱、豚肉、にんにくの細かく刻んだものを炒め、生卵で絡めて食べます。
濃い味がお酒ととても合い、もちろんご飯とも抜群に合います。
またカラマンシ-をかけて味を変えれば、さらに深い味わいを楽しめます。
ビコール・エキスプレス
魚や、肉をココナッツミルクで煮込んだ物で、ココナッツカレーの味と似ています。また、大量の唐辛子が入っているので、かなり辛めの味付けです。日本人に人気の料理です。
ギサドン・アンバラヤ
見た目通り、ゴーヤチャンプルの味にそっくりです。
ゴーヤと卵を炒めて作られます。フィリピン料理では野菜を摂るのは難しいので栄養を心配する方にはオススメです。
メヌド
フィリピンの伝統的な家庭料理でトマトシチューのような味わいで、日本人好みの味付けです。こちらもご飯によく合います。辛さはさほどありません。
ディヌグアン
豚肉を豚の血で煮込んだ料理。血の生臭はなく、酒のつまみにはもってこいの料理です。また鉄分豊富で栄養を機にする人にはオススメです。
ギナタン・ランカ
ランカとはジャックフルーツを意味し、それを細く切ったものと、唐辛子、豚肉、小エビ等とともに煮込みます。ピリ辛の味付けで、一度たべた病みつきになります。

日本との最適な距離感

日本との違いに戸惑う可能性もアリ…

日本とフィリピンとの住環境を比べてみると、やはり大きな違いがあると言わざるを得ません。これには気候や習慣などの違いも関係してきますのでそう言った面では大きな差はあると言えるかもしれません。
とは言え日本と同じレベルの住環境を手に入れる事も不可能ではなく、特に日本と比べて物価の安いフィリピンでは、コンドミニアムなどで生活する事も難しくはありません。
例えば日本においては家賃の関係であまり広くないような賃貸マンション暮らしであっても、フィリピンでは同じ家賃を出せば日本とは比べモノにならないような快適な暮らしをすることが出来る事も多いです。
フィリピンの住環境は日本と比べるとまだまだこれからな面は否めませんが、フィリピンに移住することのメリットは、日本と同じ生活費で、日本でしていた時よりも快適な生活環境を手に入れる事が出来るということです。そう言った点に注目して、住環境を踏まえた、フィリピンでの生活を考えてみる事が必要だと言えます。


上質な時を過ごす部屋
第二のマイハウス

老後のひとときをフィリピンで
癒やしを求めにフィリピンへ

南国テイストなコンドミニアム
毎日の幸せをフィリピンで

トロピカルハウスで毎日ハッピー
柔らかい光が差し込む東南スタイル

毎日が常夏
南国のモダンで洗練された空間

ドアを開ければ楽園
やわらかく風の吹く部屋


フィリピンの永住権を取得する場合には、手続き時に一定期間フィリピンに滞在する必要があります。リモンズではフィリピンで不動産事業を行っている強みを活かし、ビザ取得をご依頼いただいた方々に、最高の滞在先を手配させていただきます。当社では5つのプランをご用意しておりますが、プランにより手配させていただく滞在先が異なりますので、下記バナーよりご確認くださいませ。

つのサポート全て込みで

リモンズなら4万ペソのみ(約85,000円)

  1. リタイアメントビザコンサルティング費用
  2. リタイアメントビザ取得コーディネート費用
  3. 必要書類作成費用
  4. 必要書類申請費用
  5. 必要書類交渉手続き
  6. 医療検査費用
  7. 現地全動向/通訳サービス
  8. 手続きに関わる全移動費用

日本最安値でのフィリピン永住ビザ取得サポートを実現!

日本03-4477-2488
フィリピン +63 91-7955-4740

専門の日本人スタッフが丁寧にご対応します。お気軽にご連絡ください。他のお客様の接客中の場合がございますので、繋がらない場合は、お手数ではございますが、お時間をおいて再度おかけ直し頂くか、メールフォームよりお問い合わせください。折り返しご連絡させて頂きます。

かんたん27秒料金シュミレーション リタイアメントビザ取得費用を今すぐチェック!
ビザ取得のためのセミナー情報

1ヶ月以上のフィリピン滞在も安心
滞在サポート付き3つのプラン

  • 庶民派!プラン
  • 楽々スタンダードプラン
  • 15日特急ハイクラスプラン

各種ご相談・お問い合わせ

現地からのフィリピン最新動向

リタイアメントビザ取得の全て

フィリピン生活について

「頼んでよかった!」
満足度99.86%の実績

取得者喜びの声

感じる!
リタイアメントビザの全て動画

フィリピン活用チャンネル

私達が責任をもって
お手伝い致します

どうぞお気軽にご相談ください。永住ビザ取得・更新相談無料 03-4477-2488 メールでのご相談はこちら。

メールで問い合わせる

リモンズ!の取得サービス
5つの安心ポイント

  • 追加の費用は一切なし
  • 圧倒的なサポート実績
  • 日本での手続きも全て代行
  • フィリピン政府退職庁公認サポート企業が支援
  • 不動産を同時購入でビザ取得無料!

マカティ本社

unit 2015 soho,ETON Tower Makati 128 Dela Rosa st., Makati City 1229

リモンズ株式会社オフィス

フィリピン退職庁認定

Limonz Days Inc.[フィリピン法人]に社名変更致しました。フィリピン政府退職庁から公認を受け正式にリタイアメントビザ取得サポートを行う政府認定企業です。