メトロ・マニラ ケソン市の移住生活はいかに!

あなたはフィリピンと聞いて、初めにどの都市を思い浮かべますか? マニラ?セブ?最近はボラカイも人気ですね。 でも、移住という視点から考えたときに、どの地域が住みやすく人気なのかは都市の知名度と比例するとは限りません。今回は住みやすい都市として私がおすすめしたいケソン市をご紹介します。

ケソン市の概要

ケソン市とは、フィリピンのメトロ・マニラ内の都市です。メトロ・マニラとはマニラを中核としたフィリピンの政治、経済、文化、交通及び情報の中心地であり、首都圏と重なる都市群のことです。マニラ市、タギッグ市、マカティ市、パサイ市、ケソン市など16の都市から成ります。単にマニラ圏と言われることもあります。 そのメトロ・マニラのひとつであるケソン市の面積は大変広く166.20km²となっております。…と数字で言われてもあまりイメージが湧きませんよね。ケソン市はルソン島メトロ・マニラの1/4の面積を占め、メトロ・マニラで最も大きい市なのです。 ケソン市はとにかく広いです。なので、東京のような都会的なところもあれば、東南アジアらしいエスニックな地域もあれば、穏やかで自然豊かな地域もあります。そして、ケソン市には大学などの教育施設、学校が多くあります。したがって、治安も比較的良いです。またケソン市は、日本人や外国人が多く住むオフィス街であるマカティ等とは異なり、主に居住地域として位置づけられています。人口は約308万人で、これはメトロ・マニラの約23.3%の人口がケソンシティに居住していることを意味しています。つまるところ、ベッドタウンですね!ケソン市に居住しているのは高級住宅地も各地にあるので、一般庶民だけでなく、政治家などの上流階級も多く住んでいます。このようなことからも、治安の良さがうかがえますね!

ケソン・メモリアル・サークル

また、ケソン市には公園がたくさんあります。中でも有名なのはケソン・メモリアル・サークルです。ケソン・メモリアル・サークルはケソン市のディリマン地区中心部にある公園です。中央にはマニュエル・ケソンとその妻オーロラ・ケソンの廟があり、ケソン・メモリアル・モニュメントとしても有名です。計画都市であるケソン市は、ここを中心に計画されました。広大な敷地内にはレストランや、トレーニング用の器具、子ども向けの公園などもあり、家族でも友達でもカップルでも楽しむことができます。

おわりに

あなたはどのような地域に住みたいですか? 治安が安定しているところ、交通の便が良いところ、都会的なところ、ローカルで自然豊かなところ、家族で楽しく暮らせるところ…など様々なニーズがあり、その優先順位は人によって異なります。それぞれの優先順位に応じて、ニーズを満たしてくれるのがケソン市です。私が住んでいるタギッグ市のBGCエリアは高層ビルやコンドミニアムが立ち並ぶ都会です。 フィリピンのケソン市をご紹介しましたが、いかがでしたか? 百聞は一見にしかず!なので、実際にケソン市に来てみると、もっとケソン市の良さが伝わるでしょう!また、新しい発見もあるかもしれませんね。実際にケソン市に行くのは難しいけど、もっと知りたい!!!と思っている方はぜひお気軽にご連絡ください。

かんたん27秒料金シュミレーション リタイアメントビザ取得費用を今すぐチェック!
ビザ取得のためのセミナー情報

1ヶ月以上のフィリピン滞在も安心
滞在サポート付き3つのプラン

各種ご相談・お問い合わせ

現地からのフィリピン最新動向

リタイアメントビザ取得の全て

フィリピン生活について

「頼んでよかった!」
満足度99.86%の実績

取得者喜びの声

感じる!
リタイアメントビザの全て動画

フィリピン活用チャンネル

私達が責任をもって
お手伝い致します

どうぞお気軽にご相談ください。永住ビザ取得・更新相談無料 03-4477-2488 メールでのご相談はこちら。

メールで問い合わせる

リモンズ!の取得サービス
5つの安心ポイント

  • 追加の費用は一切なし
  • 圧倒的なサポート実績
  • 日本での手続きも全て代行
  • フィリピン政府退職庁公認サポート企業が支援
  • 不動産を同時購入でビザ取得無料!

マカティ本社

unit 2015 soho,ETON Tower Makati 128 Dela Rosa st., Makati City 1229

リモンズ株式会社オフィス

フィリピン退職庁認定

Limonz Days Inc.[フィリピン法人]に社名変更致しました。フィリピン政府退職庁から公認を受け正式にリタイアメントビザ取得サポートを行う政府認定企業です。