フィリピンに就職して移住したからわかった3つのこと

こんにちわリモンズの立石です。

現在私はマニラに住んで働いています。

日本と比べたら毎日が非日常的で私にとって刺激のある日々を過ごしています。

そもそも何故フィリピンに住み始めたのかというと、

実は私はフィリピンのハーフでフィリピン生まれ、幼少期の2歳まではフィリピンで過ごし、日本で育ったのですが時々フィリピンに帰っているうちにフィリピンに住むと自分に様々なメリットがあると強く感じだからです。

これから国を跨いで仕事をし、老後はリゾート地でBarでも経営してのんびり過ごしたいと思っている私からしたら、グローバル社会で必須な語学の向上や現状著しく発展している東南アジアで仕事をすること等、フィリピンに住むことで数多くのメリットがありました。

やると決めたらまずアクションを起こすと決めている私は思い切ってフィリピンに住もうと決めて実際に現在フィリピンにいます。

今回はフィリピンに実際に住んだからわかった3つのことについて紹介してまいります。

th_FullSizeRender 4_Fotor

フィリピンの方々の『本当良さ』

フィリピンという国は治安が悪いというイメージが先行しています。おそらく日本人の多くはフィリピンは『危ない国』だと思っているのではないでしょうか。これは言い換えたらフィリピンには悪い人が多いということになります。

しかし私は、フィリピンに住んでみて危ない目にあったということはなく、逆に多くのフィリピンの方々に助けてもらいました。

まだ英語能力が乏しい私のために仕事の休みを使ってわざわざ英語を教えに来てくれたり、道を聞くと目的地まで一緒に案内してくれたり、フィリピンの多くの方々のおかげで私は日々の生活をおくれています。

ただ、中には他の国々にも悪い人間がいるようにフィリピンにも人に害をもたらすような人間はいます。

日本にいる頃はそんな人間を100%「悪」だと思っていましたが、これは気をつけていない日本人にも原因があると思います。何かトラブルに巻き込まれた日本人を見てきましたが、そういう方々ってどこか抜けているんですよね。最低限気を引き締めておけば何かトラブルに巻き込まれるということは極端に減るかと思います。

見出しにもありますが、フィリピンの方の本当の良さは「家族想い」だという事だと思います。

フィリピンの方々は物凄く家族想いです。家族のために自分を犠牲にして働いている方がいます。家族のために大好きな故郷を離れ、外国で働き家族に仕送りをしている方もいます。現にこの海外で出稼ぎとして働く人々がこのフィリピン経済を支えており、「出稼ぎ大国」と異名を持つまでになっています。

この家族愛を大切にしているフィリピン人だからこそ人に対して愛情をもって接せれる方が多いのです。フィリピンの方々はそうやって愛する人間がいるからハッピーで、人情深い人間が多いのだと思います。

th_IMG_9147_Fotor

 

フィリピン人がヤバイのではなく日本人がヤバイということ

旅行等でフィリピンにやってくると、無愛想なレストランスタッフ(日本人からしたら)、対応の遅さなどが目立ったりするでしょう。他にも日本人からしたら「あれ?」と思うような事があるかもしれません。

確かに日本の文化、サービス、ホスピタリティーは素晴らしいとフィリピンに来て実感します。

ですが、視点を変えて考えてみれば徹底しすぎているようにも感じます。例えば日本では、コンビニエンスストアやレストランの店員の方々を見て、『楽しそうだな』、『幸せそうだな』と感じる事はありますか?

フィリピンのコンビニエンスストアやレストランの店員は『楽しそう』って思うんです。それはスタッフ同士でコミュニケーションをとったりして楽しく仕事しているから、かと言ってそれを見てフィリピン人のお客は気分を害さないし、気にも留めていません。

ただ日本では店員同士がお客の前で楽しそうにゲラゲラ話すのを働いている方がいけない事だとしっかり認知しており、店員同士が楽しく話をしていると不快に思うお客も多いかと思います。

私の主観で結論を言わせてもらうと日本人の「あたりまえ」の基準が世界的に見ても非常に高いということです。もしこのグローバル社会が今後更に拡大し、日本の多くの人々が海外に行かさざるをえない時代が来たとき、日本人としての主観を海外に持って行くと苦労するでしょう。住むとしたら尚更。

私はもっと、本当の意味での「柔軟性」、を身につけるため、そして短い人生をより楽しむため海外に早い内に飛び出すべきだと考えます。

th_IMG_9150_Fotor

今こうして「普通」に生活できているありがたさ

私は毎朝8時半に家を出て、歩いて会社へ向かいます。

住んでいるコンドミニアムをでて会社の方へ行く途中、ほぼ決まった場所に小さい子供を抱えた女性が通勤、通学している人々に右手を差し伸べ、物乞いをしています。

下にはブルーシートが引かれており、そこで毎晩寝ているようです。女性が抱えている子供は障害をもっているのか分からないですが、焦点が合っておらずぐったりしています。

最初は物乞いとしか見ていなかったのですが、毎朝見ていると、この女性がどのような人生を歩んできたのか、何で物乞いとして生活しているのか、これからこの子供はどうやって生きていくのか、考えるようになり、同時に昔フィリピン人の母が私に言った事を思い出しました。

毎日働き忙しい母はたまに晩御飯がご飯と味噌汁とおかずが少しという、当時の私からしたら物足りなさを感じる晩御飯に私が文句を言うと、食べられない子もいるんだからね、ありがたいと思いなさい、感謝しなさいと毎回のように言っていました。

当時の僕は物乞いをするストレートチルドレンやお腹が空いても食べ物がないくらい貧困な人々と比較するはずもなく、仲の良いまわりの友達やテレビでみる一般家庭と比較して、母から言われた事を無視して文句ばかり言っていました。

今考えるとそれが痛いほどわかり、「感謝」という言葉の意味も理解できます。

これがわかり今不自由なく生きている事が、凄くありがたくい事だと感じています。おそらくフィリピンに住まず、そのまま日本に居たとしたらもちろん気付くことはないと思いますし、旅行で来て少なからず感じたとしても、日本に帰ればその気持ちは時間が進むとともに消えていくでしょう。

だから「海外に住む」という事がどれだけ自分に影響を与えるのか、というものを肌で実感して改めてフィリピンに来てよかったなと心の底から感じています。

———————————————————————————————————————————-

フィリピンの永住権リタイアメントビザを取得して快適なセカンドライフを!

フィリピンでのんびりとセカンドライフを送っている日本人の方が多い理由は下記ページをご覧下さい。

リタイアメント後、フィリピンに移住される方が多い理由

マレーシアやインドネシア等の他国のリタイアメントビザ(永住権)と比べ、明らかに条件が良いと言われるフィリピンのリタイアメントビザ(永住権)にご興味をお持ちの場合、お問い合わせフォームよりご気軽にご相談ください。

 

 

かんたん27秒料金シュミレーション リタイアメントビザ取得費用を今すぐチェック!
ビザ取得のためのセミナー情報

1ヶ月以上のフィリピン滞在も安心
滞在サポート付き3つのプラン

  • 庶民派!プラン
  • 楽々スタンダードプラン
  • 15日特急ハイクラスプラン

各種ご相談・お問い合わせ

現地からのフィリピン最新動向

リタイアメントビザ取得の全て

フィリピン生活について

「頼んでよかった!」
満足度99.86%の実績

取得者喜びの声

感じる!
リタイアメントビザの全て動画

フィリピン活用チャンネル

私達が責任をもって
お手伝い致します

どうぞお気軽にご相談ください。永住ビザ取得・更新相談無料 03-4477-2488 メールでのご相談はこちら。

メールで問い合わせる

リモンズ!の取得サービス
5つの安心ポイント

  • 追加の費用は一切なし
  • 圧倒的なサポート実績
  • 日本での手続きも全て代行
  • フィリピン政府退職庁公認サポート企業が支援
  • 不動産を同時購入でビザ取得無料!

マカティ本社

unit 2015 soho,ETON Tower Makati 128 Dela Rosa st., Makati City 1229

リモンズ株式会社オフィス

フィリピン退職庁認定

Limonz Days Inc.[フィリピン法人]に社名変更致しました。フィリピン政府退職庁から公認を受け正式にリタイアメントビザ取得サポートを行う政府認定企業です。