物価安でも税金は高い?フィリピン税金の真相に迫る

日本の税金って高いですよね。2014年4月に消費税が5%から8%に引き上げられ、今後は10%に設定される予定です。そこで『途上国ならきっと税金が安いので海外投資がより有利になるかも?』と期待されている方、フィリピンの税金って気になりませんか?

旅行でフィリピンに行ったときにはフィリピンの観光ガイドを読んでみても、さすがに詳しくは載って無いですしガイドさんに聞いても日本との違いがイマイチわからないと思います。ということで、税金についてちょっと調べてみましたのでご紹介します。

フィリピン税金のイロハを解説

税金の種類について

フィリピンの税金は大きく分けて
国税(National Tax)
②地方税(Local Tax)
③市・自治区税(Municipalities Tax)
の3つに区分されます。

▼ 直接税・間接税での分類
フィリピン 税金

それでは、代表的な4つの税金についてご紹介させていただきます。

A.所得税

所得に応じて支払う税金です。フィリピン国籍の方の個人では 5%~32%の累進税率ですが、外国籍の非居住者は一律25%です。日本は所得に応じ5%~40%所得税が課せられます。物価はフィリピンの方が比較的安いため、フィリピンの方が支払う額が比較的少なめです。

B.付加価値税

付加価値税(VAT:Value Added Tax)とは、フィリピン国内における付加価値を課税対象とする税金であり、以下のような特徴を有しています。日本における消費税のように、フィリピンにおいても物品の販売、役務の提供にあたって、原則として12%の付加価値税が課税されます。

・物品、サービスの消費に対して課される間接税である
・税金の負担者は最終消費者である
・中間業者は税負担しないが、納税義務を負う
・毎月申告、納付する義務がある

C.固定資産税

2~2.5%(評価額に対し、3・6・9・12月の年四回に分けて納税、まとめて支払った場合、納入時によって10%~30%の割引があります)

物件購入時の税金

ちなみに、中古物件を購入する際の税金は以下の内訳での合計3.75%が上乗せされます。不動産購入ご検討時の参考にして頂ければ幸いです。

1.registration fee(登録費用) 0.5%
2.transfer fee (譲渡税)0.75%
3.documentary stamp tax  (印紙税)1.5%
4.登記費用 1%

フィリピン・コンドミニアム・画像

最後に

フィリピンは、2015年の経済成長率が日本の約6.41倍(フィリピン:6.71% 、日本:1.04%)と急速に発展を遂げており、平均年齢が23歳という点でも世界の投資家から魅力的なマーケットであると認識されています。

まだまだインフラは整いきっていませんが、香港やマレーシアなどに比べて物価の値上がりが進んでいないと言われています。今後のフィリピンから目が離せませんね。本記事以外にどんどんフィリピンに関する情報をお伝えしていきますので読んで頂ければ幸いです。

FL9E6QM7YS_Fotor

かんたん27秒料金シュミレーション リタイアメントビザ取得費用を今すぐチェック!
ビザ取得のためのセミナー情報

1ヶ月以上のフィリピン滞在も安心
滞在サポート付き3つのプラン

各種ご相談・お問い合わせ

現地からのフィリピン最新動向

リタイアメントビザ取得の全て

フィリピン生活について

「頼んでよかった!」
満足度99.86%の実績

取得者喜びの声

感じる!
リタイアメントビザの全て動画

フィリピン活用チャンネル

私達が責任をもって
お手伝い致します

どうぞお気軽にご相談ください。永住ビザ取得・更新相談無料 03-4477-2488 メールでのご相談はこちら。

メールで問い合わせる

リモンズ!の取得サービス
5つの安心ポイント

  • 追加の費用は一切なし
  • 圧倒的なサポート実績
  • 日本での手続きも全て代行
  • フィリピン政府退職庁公認サポート企業が支援
  • 不動産を同時購入でビザ取得無料!

マカティ本社

unit 2015 soho,ETON Tower Makati 128 Dela Rosa st., Makati City 1229

リモンズ株式会社オフィス

フィリピン退職庁認定

Limonz Days Inc.[フィリピン法人]に社名変更致しました。フィリピン政府退職庁から公認を受け正式にリタイアメントビザ取得サポートを行う政府認定企業です。