突然の期日変更に要注意!フィリピンペソ新紙幣交換方法・交換期限

日本からは梅の便りが聞かれる頃となりました。いかがお過ごしでしょうか。フィリピンで過ごす人々は、相変わらず寒さと縁遠い生活を送っております。今回の記事では、現在使用不可能となっているフィリピン旧紙幣を、新紙幣に交換する方法をお伝えいたします。

はじめに

現在フィリピンで流通している紙幣は2010年に新しくなったものであることをご存知でしょうか。2010年12月中旬に出回り始め、20,50,100,200,500,1000ペソ紙幣の6枚が新たに発行されました。フィリピン中央銀行(Bangko Sentral ng Pilipinas)が新紙幣を発行するのは、1985年以来25年ぶりとなります。これを機に従来の旧紙幣は廃止となり、新紙幣のみが市場に出回ることとなりました。

なぜ新紙幣?

 新紙幣が発行された理由は、旧紙幣の偽造のしやすさにありました。近年は偽造の技術が向上し、旧紙幣では本物と偽物の区別がつかなくなるほどです。また、25年間紙幣の素材が変わっておらず、従来の紙幣は菌の繁殖率が高くありました。これを見てフィリピン中央銀行は、偽造と抗菌性の面に着目して、新紙幣発行を決めました。フィリピン貨幣の価値、信用を取り戻すことを目的としています。

見分け方は?

 新紙幣と旧紙幣の見分け方は、右上の紙幣番号のフォントデザインで判断することができます。旧札の紙幣番号のフォントサイズは統一されていることに対し、新札の紙幣番号は右の桁に進むにつれ大きくなります。新紙幣のデザインは、偽造対策のための肉眼では見えない文字や見る角度によって変化する模様、目の不自由な方に対して凹版印刷のバリアフリー技術なども取り入れられています。

旧紙幣は使えるの?

2015年12月に旧紙幣から新紙幣への完全移行が完了し、現在は旧紙幣の使用が不可能となっております。つい最近まで、現地の銀行ATMや両替所では旧札が当たり前のように使用されていました。保有されているフィリピン紙幣を再度ご確認いただき、万一に旧紙幣をお持ちの場合は速やかな交換をお勧めします。ちなみに、旧紙幣には5ペソ札と10ペソ札があったそうです。ぜひ一度見てみたいですね。

交換場所は?

 2016年現在は、フィリピン中央銀行及び現地の銀行窓口でのみ交換可能となっております。昨年までは空港や現地の両替所で交換できましたが、現在は対応不可能となっていますのでご注意ください。さらに銀行窓口においての交換も、2016年いっぱいで終了となります。翌年以降は交換することができず、お持ちの旧紙幣は通貨としての価値を失います。最新の情報では2016年末までは交換可能ですが、フィリピンの政府事情などにより急な期日変更が行われる可能性があります。情報が伝わりにくいフィリピン社会なので、想定外の出来事にも対応できるように、積極的な情報収集が大切です。

かんたん27秒料金シュミレーション リタイアメントビザ取得費用を今すぐチェック!
ビザ取得のためのセミナー情報

1ヶ月以上のフィリピン滞在も安心
滞在サポート付き3つのプラン

  • 庶民派!プラン
  • 楽々スタンダードプラン
  • 15日特急ハイクラスプラン

各種ご相談・お問い合わせ

現地からのフィリピン最新動向

リタイアメントビザ取得の全て

フィリピン生活について

「頼んでよかった!」
満足度99.86%の実績

取得者喜びの声

感じる!
リタイアメントビザの全て動画

フィリピン活用チャンネル

私達が責任をもって
お手伝い致します

どうぞお気軽にご相談ください。永住ビザ取得・更新相談無料 03-4477-2488 メールでのご相談はこちら。

メールで問い合わせる

リモンズ!の取得サービス
5つの安心ポイント

  • 追加の費用は一切なし
  • 圧倒的なサポート実績
  • 日本での手続きも全て代行
  • フィリピン政府退職庁公認サポート企業が支援
  • 不動産を同時購入でビザ取得無料!

マカティ本社

unit 2015 soho,ETON Tower Makati 128 Dela Rosa st., Makati City 1229

リモンズ株式会社オフィス

フィリピン退職庁認定

Limonz Days Inc.[フィリピン法人]に社名変更致しました。フィリピン政府退職庁から公認を受け正式にリタイアメントビザ取得サポートを行う政府認定企業です。