フィリピン観光で注意!日本と異なる3つのトイレ事情。

日本のトイレ

インターン生の飯島です。日本のトイレは世界一綺麗で便利であるとよく言われています。下水処理環境も整備されていて、ウォシュレット機能や便座の保温といった技術がごく一般的に普及しています。しかし、フィリピンやその他の外国ではそれらが一般的ではなく、文化や衛生意識の違いから日本人にとって少し不便に感じることがたくさんあります。今回は、フィリピンに観光やインターンシップ、語学留学などで渡航した際に、注意したいフィリピンのトイレ事情についてレポートしたいと思います。

トイレの利用で注意したい3つのこと

1、紙がない

トイレットペーパー
日本では考えられないことですが、フィリピンのトイレには、備え付けのトイレットペーパーがないことがあります。その理由は、紙の質の割に価格が高い事や紙ではなく水で洗浄する習慣がある事が理由とされています。ローカルなモールや公衆トイレにはもちろん、マニラでは、マカティやBGCの大型のショッピングモールにも備え付けの紙が設置されていない事があります。また、個室には紙がなくても、手を洗う場所に紙が用意されている事もあります。
お腹が痛くなって、慌ててトイレに入ったもののトイレットペーパーがない!といったことがありますので、ポケットティッシュや芯が抜かれたトイレットペーパーなどを携帯しておくと便利です。リモンズオフィスのあるビルのトイレには、紙が備え付けられているのでご安心ください。

2、紙が詰まりやすい

驚いた表情
フィリピンでは、下水処理環境が日本ほど整備が進んでいないため、水圧も弱く排水管が細いため詰まらせてしまう事があります。現地の人たちは、使用済みの紙を流さずに便器の横にあるボックスに紙を捨てています。頻繁にトイレの水を流して詰まらないように注意しましょう。また、ちゃんと水が流れるのか確認しておく必要もあるでしょう。

3、便座がない

フィリピンのトイレ
こちらも日本では考えられないことですが、たまに便座のないトイレを見かける事があります。それの場合現地の方は、便器の縁に足を乗せしゃがんで事を済ます人がいるようです。マニラの大きなショッピングセンターには、基本的に便座が付いているトイレがほとんどだと認識しておりますが、ローカルのレストランや公衆トイレで見れられるそうです。
しかし、足を滑らせてケガをしたり、便器の中に足が落ちてしまう恐れもあります。その場合、大変ですが中腰で空気イス、もしくは、携帯消毒液で消毒後、便器の縁に紙を敷いて事を済ますのがベストかと思います。
トイレへの矢印
ショッピングモールなどには、トイレに清掃員が常時清掃を行っているせいか比較的綺麗な状態で利用できます。それ以外に外出する時には紙を用意するということを忘れなければまず対応できます。
フィリピンのコンビニには、トイレットペーパーは、1ロール(50ペソ前後)から販売されておりますが、店員用のトイレしかありませんので注意してください。トイレに行きたくなったら、ショッピングモールもしくは、ファストフード店、ファミリーレストラン等に行くのをお勧めします。

かんたん27秒料金シュミレーション リタイアメントビザ取得費用を今すぐチェック!
ビザ取得のためのセミナー情報

1ヶ月以上のフィリピン滞在も安心
滞在サポート付き3つのプラン

  • 庶民派!プラン
  • 楽々スタンダードプラン
  • 15日特急ハイクラスプラン

各種ご相談・お問い合わせ

現地からのフィリピン最新動向

リタイアメントビザ取得の全て

フィリピン生活について

「頼んでよかった!」
満足度99.86%の実績

取得者喜びの声

感じる!
リタイアメントビザの全て動画

フィリピン活用チャンネル

私達が責任をもって
お手伝い致します

どうぞお気軽にご相談ください。永住ビザ取得・更新相談無料 03-4477-2488 メールでのご相談はこちら。

メールで問い合わせる

リモンズ!の取得サービス
5つの安心ポイント

  • 追加の費用は一切なし
  • 圧倒的なサポート実績
  • 日本での手続きも全て代行
  • フィリピン政府退職庁公認サポート企業が支援
  • 不動産を同時購入でビザ取得無料!

マカティ本社

unit 2015 soho,ETON Tower Makati 128 Dela Rosa st., Makati City 1229

リモンズ株式会社オフィス

フィリピン退職庁認定

Limonz Days Inc.[フィリピン法人]に社名変更致しました。フィリピン政府退職庁から公認を受け正式にリタイアメントビザ取得サポートを行う政府認定企業です。